高血圧 原因 塩分

高血圧でお悩みの方は、日々高血圧の原因になる、

塩分の摂取量を気にしていると思います。

塩分は、人間が生きていく上で、無くてはならないものです。

でも、取り過ぎると高血圧を悪化させます。


それでは、この塩分が、何故高血圧の原因と言われるのか、

ご存じでしょうか?


塩分と水分の関係

塩分を取り過ぎると、喉がかわきますよね。

この喉の渇きというのは、人間の血液を含む体液の、

塩分濃度が高くなっているからです。


水分をとって、体液を増やし、

塩分濃度を下げようとしてる訳ですね。


ということで、結果として、血液が増えて、

高血圧の原因
となります。


塩分が体に与える影響

それでは、喉が渇く以外の影響はどうでしょうか。

塩分のなかの、ナトリウムの成分は、

体に吸収されると交感神経を活発にさせます。


交感神経が活発になると、血管や筋肉を収縮させるので、

高血圧の原因になります。


塩分を取り過ぎたら、どうすればいい?

高血圧の原因とは分かっていても、塩辛や漬け物、

味の濃い食べ物など、ついつい手が伸びてしまう事も・・・


塩分を取り過ぎたと、分かった場合は、どうすればいいでしょう?

答えは簡単で、原因の塩分を排出すればいいです。

塩分の排出方法は、をかいたり、

塩分を排出しやすくするミネラルを取りましょう

他にも、利尿作用のある食べ物や、飲み物もお勧めです。


    ・塩分の摂取に注意しましょう!

    ・軽い運動で汗をかきましょう

    ・ミネラルの多い食べ物を食べましょう

ただ、汗をかこうと急に運動をすると、

逆に高血圧の原因になるので、注意が必要です。

しっかりと水分を取った上で、体を動かしましょう。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ