高血圧 原因 コーヒー

高血圧の原因として、コーヒーが挙げられる事があります。

しかし最近では、

逆にコーヒーは血圧を下げるとも言われています。


実際の所、コーヒーと血圧は、

どのような関係になってるのでしょうか?


コーヒーが原因で高血圧になる?

コーヒーが高血圧に悪いと言われる原因は、

コーヒーにカフェインが含まれているからです。

そのカフェインが、

高血圧の原因になると言われています。


確かに、カフェインには血管収縮作用があり、

血管が収縮することで、血圧が上がります。

その点では、高血圧の原因とも言えるでしょう。


コーヒーが原因で血圧が下がる?

コーヒーに含まれる、カフェインには利尿作用もあります。

そして、高血圧の薬には利尿剤が使用されています。

これは、高血圧の原因の一つである塩分が

尿と一緒に排出
されることで、血圧が下がるからです。


つまり、同じ利尿作用を持つカフェインは、

血圧を下げると言うことです。


結局コーヒーは高血圧の原因になるのか?

結論としては、適度な量を適度な時間に飲めば、

血圧は下がると言えます。


コーヒーに含まれるカフェインは、

確かに一時的に血管を収縮させますので、

食後や運動後などの血圧の上がりやすいときに飲めば、

血圧の上昇を助け、高血圧の原因になってしまいます。


しかしながら、適度な量と時間帯を選べば

コーヒーは血圧を下げる有効な飲み物となります。


    コーヒーを飲むなら・・・

    ・食事や運動の直後を避け、落ち着いた頃に飲みましょう。

    ・1日3~4杯まで

    ・コーヒーを飲んでリラックスする

    この3つのポイントを守れば

    コーヒーは血圧に良い物」として付き合えます。



スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ