高血圧 原因 寝不足

中高年の方に多い、高血圧。

年を取ると、夜ぐっすり眠れないという人も増えてきます。

そして、あまり知られていないのですが、

寝不足が、高血圧の原因になることをご存知ですか?

今日は、寝不足と高血圧の関係について、ご紹介しましょう。


寝不足になると何が起こる?

人間は、寝ることで疲労を回復させる、

ストレスを解消させる、免疫を高める、老化を防止する

などを行っています。

寝不足になるとこれら機能が低下し、あらゆる病気の原因となります。


高血圧と寝不足

寝不足によって、ストレス解消がうまく出来なくなり、

高血圧の原因になります。

また、脳が十分に休むことが出来ず、

アドレナリンが活発になり、高血圧の原因になります。


寝不足を解消するには

寝不足は高血圧の原因とわかっていても、

寝不足の人は、多いですよね。

睡眠時間が7時間程度取れれば、良いのですが、

現代社会では、それが難しい人も多いでしょう。


それでは、どうすれば、

高血圧の原因になる寝不足を、解消できるのでしょうか?

それは、睡眠の質を上げることです。


夜寝る前には、カフェイン摂取や、アルコールの摂取をさけ、

ぬるめの湯船に浸かって、体をリラックスさせましょう。

寝る前の食事は、胃に負担をかけ、睡眠の質を低下させます。

出来るだけ早めに夕飯を済ませましょう。


また、パソコンやスマホのブルーライトによる刺激は、

睡眠の質を低下させる原因です。

睡眠前には、出来るだけ画面を見ないようにしましょう。


夜の睡眠時間では寝不足が解消できない人は、

昼間に15分~20分ほど昼寝がお勧めです。

このとき、寝過ぎてしまうと、

逆に、夜の睡眠の質を低下させるので、注意してくださいね。


    寝不足は、睡眠の質を上げる事で解決!

    ・寝る前の食事、アルコールは控える

    ・ぬるめのお湯に浸ってリラックスして寝る

    ・寝る前はパソコンやスマホは見ない

    ・出来れば昼寝する

寝不足を解消して、高血圧の原因を排除しましょう!


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ