高血圧 原因 高齢者

日本では、65歳以上の人口の60%は高血圧だと言われています。

なぜ、これほど高齢者の高血圧が多いのでしょうか?

それは、高血圧の原因と加齢が、深く結びついているからです。


高血圧の原因と加齢

もともと高齢者は、高血圧の大きな原因の一つである、

動脈硬化が起こりやすいです。

それは、血管が加齢と共に、硬くなり伸縮しにくくなるからです。


また、高齢者は筋肉が衰え、血液が流れにくくなります。

すると体は、血液の流れを良くする為に血圧を上げるので、

これもまた高血圧の原因となります。


さらには、高齢者は感覚が鈍くなりがちです。

感覚が鈍くなると、何がおこるのか?

それは、塩分の過剰摂取と水分不足です。


高齢者の食事の味付けが濃くなるのは、

味覚が鈍くなることと考えられます。

また、喉の渇きも鈍くなり、喉が渇いたと感じる頃には

水分不足に陥っているということも少なくありません。

極度の水分不足は、ドロドロ血を招き、高血圧の原因となります。


高齢者の高血圧対策

高齢者が高血圧になる原因は、先ほど書いた「動脈硬化、筋肉の衰え、

感覚の鈍化」などが主なものです。


ですので、高齢者の高血圧対策は、血管の伸縮性を良くすること、

そして筋肉をつける事が大切です。


激しい運動は、逆に高血圧の原因になりますので、

軽い散歩や、ストレッチ体操などがお勧めです。


また、余分な負荷を与えないために、流れやすい血液を心掛けましょう。

そのためには、減塩を意識して、水分補給をしっかりとしましょう。

特に夏場や運動するときは、1~2時間に1度、

喉が渇いていなくても水分を取って下さいね。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ