高血圧 原因 アルコール

高血圧の人で、塩分を減らし、降圧作用のある食べ物を食べるなど、
食生活を気にする人は多いですが、

アルコールまでは控えてない方も多いでしょう。

どうして禁酒しなければいけないのか?

それでは、高血圧の原因と、アルコールの関係を見てみましょう。


高血圧の原因とアルコール

アルコールが、直接高血圧の原因となる訳ではありませんが、
血液の血流量が増えて、血圧が上がってしまいます。

また、ご存知のように、アルコールには利尿作用があります。

その利尿作用により、食事でとった降圧作用のある栄養素が、
出て行ってしまうのも、高血圧の原因になっていると言えます。

そして問題なのが、つまみです。

アルコールのつまみには、塩分の多いものが多いです。
塩分の摂り過ぎは、高血圧の原因になります。


アルコールは血圧を下げる?

適量のアルコールを摂取すると、血管が広がって血行が良くなり、
一時的に血圧が下がります

また、ほろ酔いなど、気分の良い状態になるので、
高血圧の原因になるストレスの発散にもなります。

そして利尿作用で、高血圧の原因になる塩分も排出します。


    アルコールを飲むなら

    アルコールを飲むときは・・・

    ・ つまみはサラダや、湯豆腐など、塩分の少ないものを食べる
    飲む前に水分補給をする
    適量(日本酒で1合、ビールで500ml程度)に抑える


これらを守ってアルコールを飲むようにしましょう。

そして、適量であっても、毎日飲むことはやめて、
高血圧の原因とならないように気を付ける事が大切になります。


サブコンテンツ

高血圧の原因

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ