高血圧 原因 食事

血圧が高めの人は、高血圧にならないように、

食事に気をつけていると思いますが、

どのような食事が高血圧の原因になるかご存知でしょうか?


高血圧の原因となる食事

現代人は、忙しい人が増え、外食する人も多いです。

外食は、不特定多数の人がおいしいと感じるように、

濃い目の味付けになっています。


スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


味付けが濃いということは、高血圧の原因になる、

塩分が多いということです。


出来る限り、食事は自炊するなどして、

塩分の摂取量を、自分で調整しましょう。


食事をするなら、一品物ではなく定食で

1日の塩分の摂取目標は、男性で9g以下、女性で8g以下です。

ところが、例えばラーメンを1杯食べ、スープを半分程度で

塩分は4gほどになります。

このように、油断しているとあっという間に塩分過剰になり、

高血圧の原因となります。


またファーストフードなどで食事をすると、

高血圧の原因になる塩分が多く、

血圧を下げるカリウムやミネラルが少ないです。


自炊するのが難しく、外食が多い人は、

ファーストフードや、ラーメンなどを避け、

カリウム、マグネシウム、ミネラルなどが取れる

定食を利用しましょう。


お勧めは青魚の定食です。

例えば、さばの味噌煮をメインに、

青菜や根菜の煮物が小鉢でついている食事などが理想です。


塩分だけが高血圧の原因じゃない

塩分は、高血圧の原因ですが、原因は塩分だけではありません。

例えば、脂肪分をとりすぎることで、中性脂肪増え、

血液がどろどろになることも、高血圧の原因になります。


    食生活の改善とは、高血圧の原因をなくすことです。

    外食を避けて、毎日の食事を健康的な食事に変え、

    規則正しい生活を目指しましょう。



スポンサーリンク




サブコンテンツ

スポンサーリンク

高血圧の原因

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ