高血圧 原因 早朝

1日の中で、血圧は、高くなったり、低くなったり変動します。

高血圧の人は、その変動が気になるところですね。

ところで、あなたは、早朝の血圧を把握していますか?


なぜ早朝の血圧が重要かと言うと、高血圧の人は、

早朝に高血圧になりやすいからです。


    ・早朝に血圧が高い原因は、目覚めた体に活動を促すため

    ・早朝に降圧剤の効果が無くなるのが原因かもしれません

    ・降圧剤を変更または寝る前に服用しましょう

    ・起床時はゆっくりと起き上がりましょう

早朝に高血圧になる原因

早朝高血圧の原因としては、

自律神経が大きく関わってきます。


人間は、睡眠中には、体をリラックスさせ、脳を休息させるために、

副交感神経がメインに働きます。

そして、朝の目覚めと共に、交感神経がメインに切り替わります。


交感神経は、体に活動を促すために血圧を上げるので、

目が覚めた早朝に高血圧になりやすいのです。


早朝の高血圧の問題点

早朝でも、日中でも、夕方でも、

高血圧が危険なことには、変わりはありません。


しかし、早朝の高血圧は、原因が正常な体の働きなので、

原因を排除することは出来ません

また、長時間の睡眠の後なので、

コントロールが難しいことが問題なのです。


早朝の高血圧の対処法

高血圧の原因が、正常な体の働きなので、

原因を排除するのではなく、高血圧になるのを前提で、

血圧を下げることを考えましょう。


一番有効なのは、効き目の長い薬を服用することです。

効果の短い薬だと、寝ている間に効果が切れてしまいます。


最近では、1日1回飲めばよい薬があるので、

医師に相談してみましょう。


また、早朝高血圧が原因で、

立ち上がったときに、目眩がして倒れることもあります。

起床時は急な動作はさけ、手すりをつかむなど、

安全で、確実な動作を心がけましょう。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ