高血圧 原因 40代

40代になった頃から高血圧になり始める

という事をご存じでしょうか?

そして60代の半数以上は高血圧になっていきます。


それでは40代の高血圧には、

どのような原因があるか見てみましょう。


    ・40代の高血圧の原因は、食生活、生活リズムの乱れ、
     更年期障害、肥満、ストレス、運動不足など

    ・朝方の生活に切り替えて、
     隙間時間で運動、ストレス発散そして
     寝る前のストレッチが効果的です。

40代女性の高血圧の原因

高血圧には、いろいろな原因がありますが、

40代女性に注意が必要な高血圧の原因は、更年期です。


更年期になると、女性ホルモンが減り、

自律神経が乱れ、高血圧の原因となるのです。

また、更年期障害などが起こると、

非常にストレスがたまり、これも高血圧の原因となります。


40代全般(女性と男性)の高血圧の原因

40代になると、体の基礎代謝が減り、

若い頃と同じような食生活をしていると、

太りやすくなります。

肥満は高血圧の原因になります。


また、40代は子育てに忙しい年代でもあります。

子供に時間がとられ、

自分の生活サイクルがずれてしまう人も多いでしょう。

生活リズムの乱れも、高血圧の原因になります。


40代の高血圧予防と改善

まずは、生活習慣を見直し、規則正しい生活と、

食習慣を身につけましょう。


お子さんが小さく、自分のリズムで生活出来ない人は

夜は子供と一緒に早めに寝て、起床時間を早めましょう。

朝方の生活にすると、夜型と比べ、自律神経が乱れにくいです。


子供が小さくて、運動時間のとれない人も、階段を使ったり、

椅子に座ったまま、足を上げるなど、

隙間時間で出来る運動を取り入れてみましょう。


夜寝る前にストレッチを行うと、

ストレス発散にもなり、快眠にもつながります。

布団の中での軽いストレッチでも、

筋肉の維持につながるので、やってみて下さいね。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ