高血圧 原因 50代

国民病とも言われる、高血圧。

50代ともなれば、半数近くの人が高血圧だと言われています。

それでは、50代に多い高血圧の原因は何か?

50代に多い高血圧の原因と予防を見ていきましょう。


    ・50代の高血圧の原因は、肥満、ストレス、運動不足。

    ・白飯を混ぜご飯や米こんにゃくに変 えて、カロリーを減らす。

    ・ウォーキングなど軽い運動を取り入 れ、肥満防止とストレスを発散。

50代に多い高血圧の原因

50代の高血圧の原因には、肥満が多くなっています。

50代になると、基礎代謝が20代の人より、

平均で150キロカロリー(茶碗2/3のご飯)程減ります。


また、50代はそれまでやってきたスポーツも、

体がついていかなくなって、

やめる人も多い(運動不足)年代です。


これらの事が重なり、50代は肥満になりやすいです。

そして肥満は、高血圧の大きな原因になります。


また、50代になると、

親の介護問題を抱える人も少なくありません。

介護問題は、大きなストレスになり、

ストレスもまた高血圧の原因になります。


50代の高血圧予防と改善

50代の高血圧予防は、

原因となる肥満予防とストレス解消が重要です。


かといって、茶碗2/3のご飯を、いきなり減らすのは

満足感が無くなり、厳しいでしょう。

ですので

・白飯を混ぜご飯にして、お米の分量を減らしてみる。

・これまで食べていた肉類を、赤みの多い部位に変える

・魚に変える

などから始めてみましょう。


どうしても、これまでと同じだけのご飯を食べたいという人は、

一見ご飯と同じ形で、食感もあまり変わらない、

米こんにゃくなどを利用するのもいいでしょう。


ストレスを感じ無い程度で、

うまく食事のカロリーを減らせるように工夫しましょうね。


また、ウォーキングや、ラジオ体操など、

軽い運動を取り入れていきましょう。

肥満予防にもなり、ストレス解消にもなりますよ。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ