高血圧 原因 60代

60代の6割ほど人が、高血圧になります。

それでは、60代の人はなぜ高血圧になりやすいのでしょうか?

その原因を詳しく見ていきましょう。


60代の人が高血圧になる原因

高血圧になる原因は、主に4つです。

    ・血管の老化

    ・生活習慣によるもの

    ・塩分の取りすぎ

    ・遺伝的な原因

この中で、60代の一番多い原因が、血管の老化での高血圧です。

血管が老化することで、動脈硬化がおこり、

伸縮性が失われるために、高血圧になります。


動脈硬化を予防するには

動脈硬化の主な原因は、60代という加齢によるもの、

血液がどろどろなのかもしれません。


予防策としては、バランスのよい食事をすることと、

適度な運動をすることです。


60代にお勧めの運動

60代の人は、筋肉の低下や骨がもろくなっている人も

多いので、決して無理な運動をしないで下さい。

健康を害しては、元も子もありません。


60代の、高血圧の人にお勧めの運動は、ラジオ体操です。

60代でも、無理なくできて、

体全体をバランスよく動かすことができます。


また、天気の良い日は散歩に出るなどもいいですね。

近所に大型ショッピングモールなどがあるなら、

その中を散歩すれば、雨や風など天候を気にすることもなく

車も来ないので、安全に運動できますよ。


適度な運動は、高血圧の原因となる、

どろどろ血液の状態を改善し、ストレス解消にもなります。


60代になると、心臓やその他臓器、また手足の関節や筋などに

痛む場所が出てくることもあります。

そんな時は、無理に運動せずに、

高血圧の担当医師とよく相談して実施してください。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ