高血圧 症状 下痢

高血圧の症状は、いろいろ知られていますが、

下痢と高血圧の関係をご存知ですか?

日常生活で、この二つの症状を結びつけるのは、

難しいかもしれません。


それでは、意外な、

高血圧と下痢の関係を見てみましょう。


    ・高血圧と下痢は直接は関係はありません

    ・高血圧の原因となる、飲み過ぎ、ストレス、
     暴飲暴食、塩分過剰摂取から下痢になる

    ・降圧剤が合わずに下痢になる

    このような、間接的な関係が見られます。

下痢の原因は?

下痢の原因というと、

・悪い食べ物を食べたり、体質に合わなかった「食あたり」

・暴飲暴食による「消化不良」

・ストレス

・胃や腸の病気

・薬の副作用

などが考えられます。


下痢と高血圧の関係

暴飲暴食などで、アルコールの飲みすぎや、

塩分の過剰摂取は、血圧を上げます。


下痢の原因である、ストレスは、アドレナリンを分泌し、

体を興奮させるために、血圧が上がります。


また、下痢の症状によって、脱水症状がおこり、

血液がどろどろになることで、血圧が上がります。


逆に、高血圧の治療薬が合わず、

下痢の症状がでる人もいます。


このように、下痢の症状がでるものには、

高血圧の原因になってるものが、多くあります。


高血圧が原因で、下痢の症状が出るわけでは

ありませんが、下痢になりやすい人は、

高血圧と間接的に関係があるかもしれないので注意して下さい。


高血圧は、症状が分かりにくい病気です。

日常の小さなことでも、

見落とさないようにしたいですね。


また、下痢や高血圧にならないために

規則正しい生活と、食生活を心がけましょう。

ストレス解消のために、

適度な運動も取り入れるといいですね。


そして、下痢も高血圧も、放っておくと、

悪化し危険な事もあります。

原因が分からないから、と放置しておかず、

病院に行って、しっかり診察して貰いましょう。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ