高血圧 原因 水分

高血圧の患者さんにとって、高血圧の原因や、

血圧を下げることは、日々気にしていることだと思います。

そんな中、近年では、高血圧の原因と対策の中で、

水分が注目されています。


水分と高血圧の関係

高血圧の原因には、血管が硬くなることや、伸縮性が下がること、

そして、水分が不足して血液が流れにくくなることが上げられます。

水分をしっかりと補給することで高血圧の原因の、

どろどろ血流が緩和されます。


水分の取りすぎと高血圧

水分をしっかりと取ることは重要ですが、

中には、それが高血圧の原因になってしまう人もいます。

それは、腎臓の機能が落ちている人やアルコールを飲み過ぎる人です。


腎臓の機能がしっかりとしていれば、余分な水分は吸収されず、

体外に排出されます。

しかし、腎臓の機能が低下していると、余分な水分を排出できず、

血液量の増加という高血圧の原因になってしまいます。

大量の飲酒も同じく、血流を増やして高血圧の原因となります。


高血圧に効果的な水分補給とは

一般的な大人が、一日に飲む水分の目安は

1.5ℓと言われています。

しかし、この1.5ℓも一気に飲んでしまっては、

尿として排出され、高血圧の原因を解消することはできません。


高血圧の原因である、血液の水分不足を解消するには、

少しずつ、こまめに水分補給をすることが大切です。

例えば、起床・就寝時に300ml、

2時間ごとに160mlといった具合ですね。


厳格に水分補給をする必要はありませんが、

飲み方が頭の隅にあるだけで、意識的に水分補給が出来ます。


    こまめな水分補給を身に付けて、

    高血圧の原因となる水分不足を防ぎましょう。

    でも多量の飲酒は高血圧の原因となりますので

    注意して下さいね。



スポンサーリンク




サブコンテンツ

高血圧の原因

スポンサーリンク

高血圧の症状

高血圧を下げる

このページの先頭へ